8月・時候の挨拶文(出だしと結びの言葉)

スイカの画像

8月は歴の上では秋のはじまりといいますが、一年のうちで一番暑い季節といえます。うちわや金魚すくい、スイカやメロンなど、夏の風物詩や季語を取り入れて、涼しく感じるような言葉を使用するとよいですね。

また、夏の疲れが出やすい時期なので、相手の健康を気遣う思いやりのある言葉を書くようにしましょう。

スポンサーリンク

8月の季節の言葉

「○○の候」「○○の折」「○○のみぎり」のどれかと使用します。

残暑 / 残夏 / 晩夏 / 立秋 / 初秋 / 新涼 / 早涼 / 向秋 /

改まった方へ季節の挨拶文

 書き出しの言葉

  • 晩夏のみぎり、皆様にはお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
  • 向秋の候、○○様にはお元気でご活躍のことと拝察いたしております。
  • 立夏とは名ばかりの、まだまだ厳しい暑さが続きます。
  • 今年は冷夏とはいえ、暑さが身にこたえる毎日です。
  • 秋とは名ばかりの蒸し暑さですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
  • 暑さもようやく峠を越え、にわかに秋めいてまいりました。
 

 結びの言葉

  • 残暑厳しき折、一層のご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 夏のお疲れがそろそろでる時期と存じます。何卒、体調にはご留意ください。
  • しばらくは蒸し暑さが続くようでございます。ご自愛の上、ご活躍のほど祈念いたします。
  • 残暑も残りわずかとなりましたが、くれぐれもお体を大切にお過ごしください。
  • 虫の音に秋を感じる季節、皆様お元気で秋をお迎えください。

親しい方へ季節の挨拶文

 書き出しの言葉

  • 堪え難い暑さ続きの毎日ですが、皆様お元気そうでなによりです。
  • 暑さひときわ身にしみる頃、お変わりなくお過ごしでいらっしゃることと存じます。
  • 先日は残暑厳しい中、遠いところをおいでくださりありがとうございました。
  • 夏の疲れが出る時期ですが、夏バテなどしてませんか。
  • 秋の気配がようやく感じられる季節となりましたが、お元気にお暮らしでしょうか。
 

 結びの言葉

  • 美味しいかき氷屋さんを見つけました。近々ご一緒しませんか。
  • 残りわずかな夏休み。風邪などひかず楽しんでくださいね。
  • 冷たいビールが美味しい季節、近々ビアガーデンに行きましょう。
  • 今年は台風が多く不安定な天候ですので、くれぐれもお気をつけて。
  • 秋はもうすぐです。それまで体調には気を付けてお過ごしください。

スポンサーリンク