初節句祝いお礼状の書き方と文例

こいのぼりのイラスト
初節句とは、赤ちゃんが生まれてはじめて迎える節句のことをのことをいい、これからの赤ちゃんの無事な成長や幸せを祈る行事でもあります。

ご両親にとって孫の初節句は、とてもうれしいことなので、素直な気持ちや日頃の感謝をお礼状に書くようにしましょう。

ここでは、両親に宛てた初節句祝いのお礼状の書き方と例文集、マナーをまとめてます。

スポンサーリンク

妻から義理の両親へ宛てた手紙・はがきの例文

前略 爽やかな初夏の風が心地よい季節となりましたが、お変わりございませんか。
 このたびの初節句では、長男○○のために立派なこいのぼりをいただきまして、誠にありがとうございました。○○は大空を泳ぐこいのぼりを見て、声をあげたり手を伸ばしたりして笑顔で喜んでおりました。
 いつもながら、お父様お母様にはお心遣い頂きまして、夫婦ともどもとても感謝しております。
 ○月○日に、○○の初節句のお祝いをしたいと思っておりますので、ぜひいらしてくださいね。

草々

妻の両親へ宛てた手紙・はがきの例文

ようやく春めいてまいりましたが、お父さんもお母さんもお元気でお過ごしのことと思います。
先日は、○○のためにきらびやかなお雛様を贈っていただいてありがとう。 
おかげさまで○○はすくすくと元気に成長し、家族で楽しく幸せな毎日を過ごしています。これも、お父さんとお母さんが、いつも温かく見守っていてくれるからだと、二人で心より感謝しています。
 雛飾りの前で家族揃って撮った写真ができたので、同封しておきます。少し大きくなった○○の成長を見てやってください。
 連休には、そちらへ皆で遊びにいきますので、楽しみに待っていてくださいね。
 季節の変り目なので風邪などひかないよう、お父さんもお母さんも体に気を付けて。

 

初節句内祝いのマナー