新築・引越し祝いのお礼状の書き方

新築のイラスト
新築祝いでのお礼状の書き方は、いただいた物への感謝や感想、新築の住み心地や環境などの様子を伝えるようにします。改まった方へお礼状を出すときは、「拙宅」「小宅」と自宅のことを呼ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

親戚へ宛てた新築・引越し祝いのお礼状の文例

前略 本格的な春が到来しましたが、皆様お元気にお過ごしですか。
 このたびは、私どもの新築祝いに際し、ご丁寧なお祝いの品を誠ににありがとうございました。いつもお心にかけていただいて、○○様の温かさに本当に感謝しております。夫もお礼を申しておりました。
 さっそくいただきました壁掛け時計を飾りましたところ、リビングを引き立ててくれて素敵な部屋になりました。ありがとうございました。
 近くには川が流れており、この時期は桜が満開でとても綺麗です。豊かな自然に囲まれたとても静かな場所ですので、お花見がてら遊びにいらしてくださいね。
 今後ともよろしくお付き合いのほどお願い申し上げます。
 まずは書中をもって、お礼申し上げます。

かしこ

友人へ宛てた新築・引越し祝いのお礼状の文例

 先日は、引越し祝いをいただいて本当にありがとう。
 ○○さんからいただいたお花を、さっそく窓辺に飾らせていただきました。部屋に緑があるだけで心がとても癒されます。
 引越した先は少し遠くなりましたが、十階のマンションなので夜になると夜景がとても綺麗です。お陰さまで、新しい環境や住まいにもだいぶ慣れ落ち着きましたので、いつでも遊びにいらしてくださいね。
 夜景を見ながら一緒に食事を楽しみましょう。
 これかも変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いします。
 まずはお礼まで。

お返しは必要なの?

新築祝いや引越し祝いでは、新しい家にお世話になった方をお招きして食事会をしたり、新築を披露することがお返しとなります。

お返しは基本的には必要ないですが、新築披露のときにお土産として内祝いをわたすところもあるようです。お祝いをいただいた方が出席できなかったときは、内祝いの品を送られてもよいでしょう。