9月・時候の挨拶文(出だしと結びの言葉)

コスモスの画像

9月の行事には、敬老の日(第3月曜日)や秋分の日(23日頃)があります。蒸し暑かった夏もようやく終わりを告げようとしています。

食欲の秋、読書の秋といいますが、爽やかな過ごしやすい季節です。さんまや秋の七草、ぶどうや梨などの食べ物、ススキやコスモス、なでしこなど、秋の季節を感じる挨拶文になるようにしましょう。

また、季節の変わり目でもありますので、相手の健康や安否を気遣う言葉を述べるようにしましょう。

スポンサーリンク

9月の季節の言葉

「○○の候」「○○の折」「○○のみぎり」のどれかと使用します。

初秋 / 秋涼 / 早秋 / 新涼 / 爽秋 / 秋晴 / 白露

改まった方へ季節の挨拶文

 書き出しの言葉

  • 実りの秋を迎え、ますますご活躍のご様子、お慶び申し上げます。
  • 秋晴の侯、○○様にはお元気でお過ごしの由、何よりと存じます。
  • 残暑も和らぎ、しのぎやすくなってまいりました。皆様お変わりございませんか。
  • 日増しに秋が深まってまいりましたが、私もおかげさまで何事もなく暮らしております。
 

 結びの言葉

  • しばらくは残暑が続きます。ご自愛専一に精励ください。
  • 朝夕はめっきり冷え込みますので、お風邪などめしませんようお過ごしください。
  • 秋の長雨が続きます。何卒お風邪にはご用心ください。
  • 爽秋の時節、どうかご壮健にてお過ごしください。
  • 夏のお疲れが出やすい頃と存じます。健康にはご留意くださるようお願い申し上げます。

親しい方へ季節の挨拶文

 書き出しの言葉

  • 秋の深まりを感じる今日この頃となりました。
  • すすきが風に揺れ秋を感じる季節となりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。
  • 虫の音が深まる時節、ご無沙汰のみにてお許しください。
  • 朝晩はだいぶ過ごしやすく感じられますが、お風邪などひいてませんか。
  • 残暑も和らぎしのぎよいこの頃、その後お変わりございませんか。
 

 結びの言葉

  • 体調を崩しやすい季節の変わり目、なおいっそご自愛くださいませ。
  • 台風が近づいております。くれぐれも、お気を付けください。
  • いまだに残暑が厳しいです。涼しくなったらこちらにも遊びにきてください。
  • 秋晴れの風が心地よい季節、どうかお健やかにお過ごしください。
  • 本格的な秋がやってきました。子供たちを連れてぶどう狩りにでも行きませんか。

スポンサーリンク