同僚、知人、いとこなどの親戚へ宛てた手紙・はがきの例文集

 同僚宛ての例文

 

 日に日に秋が深まってまいりましたが、○○さんお変わりないですか。
 お陰様で、元気な男の子を無事に出産することができました。
 産休に入る前は、仕事や私生活においても何かと助けてもらって、○○さんの温かな心遣いに本当に感謝しています。その上、出産のお祝いまでいただいて、本当にありがとう。 
 いただいたお祝いは、○○の記念になるものを、夫と相談して有効に使わせていただきます。
 初めて経験する子育てに二人とも戸惑ってばかりで、子育ての先輩でもある○○さんに、今後もお世話になることもあると思いますが、これからもよろしくお願いします。
 なお、ささやかですが、お礼の品を送らさせていただきました。受け取ってください。
 ○月○日

松田 孝太
沙耶
  ○○

 今度、子供たちも一緒に、ぜひ○○の顔を見に遊びに来てくださいね。

 親戚宛ての例文

 

前略 皆様お元気でお過ごしでしょうか。
 このたびは、とてもかわいいメッセージカードと素敵なベビー服をいただいて、誠にありがとうございます。
 さっそくいただきました洋服を○○に着せましたところ、遊びにきた友人から「おしゃれなベビー服だね!○○くんにとても似合ってる!」と褒められました。大変うれしく、夫も感謝しておりました。本当にありがとうございました。
 本日、別便にて内祝いの品をお贈りいたしましたので、ご笑納くださいませ。
 末筆になりましたが、まずはお礼まで申し上げます。

かしこ

 ○月○日

松田 孝太
沙耶
  ○○

 お陰さまで○○は順調に育っており、今度の連休には顔見みせにお伺いしたいと思っております。

 親から親の知人宛ての例文

 

 ○○さん、お変わりありませんか。
 先日は、わざわざ娘の出産に際し、お祝いを贈ってくださってありがとう。お陰さまで産後の肥立ちもよく、母子ともに健康で孫の○○もすくすくと成長しております。
 娘夫婦も、よろしくとお礼を申しておりました。
 初孫は可愛いと皆さんおっしゃいますが、ほんとそうですね。夫も私も、孫が生まれてからは目じりが下がりっぱなしで、すっと○○を見ていても飽きることがありません。
 今度ぜひ、○○の顔を見に遊びにいらしてくださいね。
 なお、心ばかりの内祝いの品を別便にてお送りしましたので、ご笑納いただければ幸いです。
 季節の変わり目ですので、風邪などひかないようにご自愛ください。

かしこ

スポンサーリンク