出産内祝いを送る時期と金額の相場

赤ちゃんの画像

出産祝内祝いの準備をしようと思っても、赤ちゃんが産まれたら忙しくバタバタした毎日になりますから、忙しくてお返しを忘れた!ということがないようにしましょうね。

妊娠中にある程度、内祝いにどんなものを送るか考えておくのもよいでしょう。このページでは、出産内祝いをお返しする時期や、金額の目安となる相場をまとめています。

スポンサーリンク

出産内祝いを贈る時期

小鳥のイラスト出産内祝いを贈るタイミングは、赤ちゃんが産まれて1ヶ月頃の、お宮参りの時期を目安に内祝いを贈ります。

出産祝いは他のお祝いと違って、赤ちゃんの世話やお母さんの体の回復もあるので、内祝いが遅れてもみなさんはわかってくれますが、お返しが遅くなるにしても、お祝いをもらったらすぐに「ありがとう」と、お礼は伝えるようにしてくださいね。

時期を逃してお返しが遅くなったとき

出産祝いのお返しが遅くなったときは、お詫びの一言をお礼状に書いて送りましょう。

「とても素敵なベビーウェアをありがとうございました。お礼が遅くなり申し訳ございませんでした。」とお詫びを伝えることで、思いやりのある気持ちが相手に伝わります。

遅れて出産祝いをもらったら

遅れてもらった出産祝いに対しても、お返しはちゃんとしてくださいね。お祝いが遅くなったけど、祝ってあげたいという相手の温かな気持ちです。また、初誕生日に兼ねて出産祝いをもらったときも、お返しはしましょう。

このような場合は、なるべく早めにお返しを贈り、命名札を付けて贈られるとよいでしょう。

出産内祝い金額の相場

出産内祝いの金額の相場は、一般的にもらったお祝いに対して「1/3~半返し」が目安とされています。
とりのイラスト例えば、出産祝いに1万円の洋服や現金をもらったとすれば、お返しは5,000円~3,000円の内祝いを選びます。

値段がわからいものをお祝いにもらったときは、相場は気にせずおおよその値段で選びましょう。金額にこだわると悩んでしまいますから、他の方と同じ品を選ぶのもよいでしょう。

また、目上の方からの出産祝いでは、高額の内祝いを選ぶと失礼になることがありますから、気を付けましょう。

連名で出産祝いをもらったときのお返し金額

会社の同僚や仲良しグループから、連名で祝いをもらうことがあります。このようなときも、1/3から半返しの金額を目安にしますが、金額にこだわるよりもうれしさや気持ちが伝わるお返しをしましょう。

スポンサーリンク