結婚祝いのお返しマナー

結婚届けの画像

結婚祝いをもらったら、内祝いを贈るようにします。また、結婚式で思ったよりご祝儀をたくさんいただいた方にも、引き出物とは別でお返しをするようにしましょう。

ここでは、結婚祝いのお返しマナーや基礎知識をまとめています。

スポンサーリンク

内祝い・お返しを贈る時期はいつ?

 披露宴をしない方
入籍した日から1ヶ月以内を目安に内祝いを贈る
 結婚式をする方
結婚式が終わってから1ヶ月以内を目安に内祝いを贈る

結婚祝いのお返しには、「無事に結婚し晴れて夫婦となりました」という報告も兼ねていますから、夫婦になってから内祝いを贈るようにしましょう。結婚のお祝いをもらったら、挙式をするしないにかかわらず、内祝いを贈るようにしてくださいね。

結婚式に参加された方には、引き出物がお返しとなるので、改めて内祝の必要はないですが、ご祝儀が思ったより多かったときや、ご祝儀と別にプレゼントをもらったときは、お返ししたほうがよいでしょう。

挙式までに日にちがあるときのお返し時期

結婚内祝いは、無事に結婚できました、という報告を兼ねているので、内祝いは結婚式が終わってから、1ヶ月以内を目安にお渡しするのでよいですが、お祝いをいただいたらすぐにお礼は伝えるようにしてくださいね。

もし、何ヶ月も日にちが開いてしまうのなら、入籍しているのなら挙式より前に内祝いを贈られてもよいかもしれませんね。

結婚式に出席してくれる方から、事前にプレゼントをもらったとき

結婚式に参加してくれる友人などから、事前にプレゼントをもらうことがあります。このような場合は、プレゼントやご祝儀の金額によっては、お返しが必要となることもあります。

もしお返しをするのであれば、結婚式が終わった後に、改めてお渡しされるとよいでしょう。

 現金と品物をもらったときのお返しについて説明しています。

入籍前に結婚祝いをもらったら?結婚式をしないときのお返しの時期

入籍前に結婚祝いをもらったときでも、結婚内祝いは入籍後に贈るようにしましょう。結婚内祝いの熨斗には、夫婦連名で名前を書いてお返しすると、相手にも新姓が伝わり無事に結婚したことを報告できるでしょう。熨斗には、旧姓も入れておく方が、相手にわかりやすいですよ。

内祝い・お返しの金額相場と目安

結婚内祝いでは、お返し金額の相場は、もらったお祝いの「半返し」が一般的な目安のようです。

結婚式をするときは、食事や引き出物がお返しとなります。引き出物は全員同じに見えますが、親戚や上司、友達などそれぞれご祝儀の金額も違うので、引き出物の中身も金額に違いがあります。

 引き出物や引菓子の金額相場はこちらで説明しています。

もし、御祝儀を思った以上に包んでくれた方がいたとき、引き出物だけじゃ足りないと感じたなら、後日改めてお返しされるとよいでしょう。

スポンサーリンク



熨斗の表書きと名前の書き方

結婚届けの画像

婚礼に関するお祝い事は、熨斗は紅白10本の結び切りの水引を選びます。結婚は、一度であってほしいので、ほどけない結び切りを選びます。

婚礼では、夫婦や両家が手と手を取り合うということから、紅白10本の水引が基本ですが、ちょっとした品であれば7本の水引を用いることもあります。

結婚内祝いの熨斗の表書き・名前の書き方

結婚内祝いの熨斗の表書き

 熨斗の表書き
内祝 ・ 寿
 熨斗の名前
新姓と新郎(右)新婦(左)
※婿養子の場合は、新婦(右)新郎(左)

以前は熨斗に書く名前は、両家の姓を書いていていましたが、最近では夫婦連名で書くことが増えています。名前を夫婦連名にするときは、旧姓ではなく新姓を熨斗に書くようにします。

引き出物の熨斗の表書き・名前の書き方

結婚内祝いの熨斗の表書き

 熨斗の表書き
寿 ・ 御礼
 熨斗の名前
両家の姓 ・ 御両家の姓+家 ・ 新郎新婦の名前

近頃では、引き菓子の熨斗には、新郎新婦の名前を書くことが多いようです。

スポンサーリンク