上司、得意先、仲人などに宛てた手紙・はがきの文例集

 上司へ宛てたお礼状の文例

 

謹啓 このたびは、お心のこもったお言葉とご丁寧なお祝いの品をお贈りくださり、誠にありがとうございました。
 このようなお気遣いをいただきまして、○○部長の温かなお心遣いに深く感謝いたしております。いただきましたお祝いは、これからの新生活に有効に使わさせていただきます。
 これからは、今まで以上に身を引き締めて、家庭と仕事の両立に取り組んでいく所存であります。
 今後とも変わらずご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。
 後日、改めまして妻とご挨拶にお伺いしたいと存じます。
 取り急ぎ、まずはお礼まで申し上げます。

敬白

 ○月○日

松田 孝太
沙耶

 取引先へ宛てたお礼状の文例

 

謹啓 仲秋の候、貴社いよいよご健勝のこととお喜び申し上げます。
 このたびは、私どもの結婚に際し、ご丁寧なお祝いを頂戴いたしまして、恐縮でございます。
 日頃から格別のお引き立てをいただいておりますうえに、このようなお気遣いをいただきまして、深謝申し上げます。
 いただきました○○には妻も大変気に入っており、さっそく毎日使っております。大切につかわさせていただきます。
 これからも、かわらぬお付き合いをお願いいたしますとともに、貴社のますますのご発展を心より祈念いたしております。
 書面にて失礼とは存じますが、まずはお礼申し上げます。

謹白

 ○月○日

松田 孝太
沙耶

 親から仲人へ宛てたお礼状の文例

 

拝啓 陽春のみぎり、○○様ご夫婦におかれましては、お健やかにお過ごしのことと存じます。
 このたびは、息子○○の結婚に際し、お心のこもったお言葉とお祝いの品をいただきまして、誠にありがとうございました。
 息子夫婦もいただきました○○に大変喜んでおり、お礼を申しておりました。○○様ご夫婦のおかげで、息子達も無事に新生活をスタートさせることができ、本当に感謝いたしております。
 まだまだ未熟な二人ではありますが、どうか結婚後も変わらずご指導お力添えくださいますよう、お願い申し上げます。
 落ち着きましたら、改めてご挨拶に伺いたいと存じます。
 花冷えの折りから、どうかご自愛ください。
 略式ながらまずはお礼申し上げます。

敬具

 ○月○日

松田 孝太
沙耶

スポンサーリンク