七五三祝いのお返しの時期【金額の相場と熨斗の書き方】

千歳飴の画像
七五三祝いをもらったとき、お返しは基本的には不要ですが、親戚などからお祝いをもらって、何もお返ししないのは心苦しく思う方もいますよね。そんなときは、お返しされてもよいでしょう。

また、住んでいる地域によっては、内祝いを配ってお祝いするところもあるので、その地域の風習に合わせるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

時期と金額の相場

七五三祝いをもらったときお返しをするのなら、時期は当日から1週間以内にお渡しするようにしましょう。七五三祝いのお返しの一般的相場は、1/3から半返しが目安のようですね。

会食するのであれば、食事がお祝いのお返しになるので、金額にこだわらずお土産程度の引菓子を用意されるとよいでしょう。

どんなものを七五三祝いのお返しする!?

地域によって千歳飴には多少違いがあるようですが、千歳飴は紅白に着色されており鶴亀や松竹梅になっていて縁起がよい物です。細長い形になっているのは、子供の長寿を願う思いが込められているそうですよ。

七五三祝いのお返しとして、千歳飴でお返しされるところもあるようですね。赤飯や菓子折りなどをお返しされる方もいるようです。

また、両親からお祝いをいただいたとき、甘えるのもよいですが、ご家族のみなさんで食事されたりしてお返しすると、ご両親もうれしいと思います。七五三の記念に撮影した写真や、孫からの手紙をお渡しされると喜ばれることでしょう。

熨斗の表書き・名前の書き方

、熨斗の表書きのイラスト

 熨斗の表書き
内祝・御礼
 熨斗の名前
子供の名前を書く

七五三のお祝いは、何度あってもうれしいことなので、水引は結びなおすことができる紅白の蝶結びを用います。熨斗の表書きは、内祝または、御礼とし、熨斗紙に書く名前は子供の名前になります。

スポンサーリンク