成人祝いのお返しマナー

成人式の画像

子供から大人へ成長し、社会人の仲間入りをお祝いする成人の日。成人祝いをもらったら、大人としての自覚を持ち、お世話になった方へ感謝を伝えましょう。

成人祝いのお返しは不要ですが、地域の風習や相手とのお付き合いの仕方によって、お返ししたほうがよい場合もあります。

成人祝いは、両親や祖父母の身内からお祝いをもらうことが多いですが、甘えさせてもらってお返しはしなかったという人や、内祝いやお返しをして大人としての心遣いを見せたという人もいるようです。

お返ししないにしても、これから大人としての自覚を持って、お世話になった方へ感謝の気持ちは伝えるようにしましょう。

また、子供がいる人から成人祝いをもらったら、その方の子供が成人したときにお祝いを贈るので、お返しはしなかったという方もいるようです。

親戚間で取り決めなどもありますから、お返しの仕方はさまざまですが、お礼と感謝はすぐに伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

お返しする時期と金額の相場

成人内祝いやお返しをする時期は、成人式が終わった2~3週間後を目安にお渡しするようにします。あまり早すぎてしまうと、相手が気を使うこともありますから、少し間を開ける方がよいでしょう。

成人祝いでは、内祝いやお返しの金額は、もらったお祝いの1/3~半返しが目安となるようです。

知り合いから晴れ着を譲ってもらう場合は、あまりに大げさすぎるお礼は、相手に気を遣わせてしまってはいけませんから、5,000円程度のお礼でよいでしょう。

のしの表書きと名前の書き方

成人祝い熨斗の表書き

 熨斗の表書き
内祝・寿・御礼
 熨斗の名前
本人の姓名

熨斗紙は、紅白の蝶結びを選びます。のしの上には「内祝」「寿」「御礼」と書き、のしの下には成人した本人の名前を書きましょう。

スポンサーリンク